転勤後の寂しさと戦う方法

こんにちは!転勤に関する情報をお届けさせて頂いています、Relocaです。

突然ですが、転勤した直後ってとても寂しいですよね。。。

寂しさを誰かに訴えたとしても、

「時間が解決してくれる」

「友達を作ろう」

「慣れるまで待つ」

といった時間が掛かる&難易度の高いアドバイスばかり。。。

そんなことより、今感じている寂しさをどうにかする方法が知りたい!

ということで今回は、転勤後の寂しさと戦う方法、を調べてみました。

なにがそんなに寂しいか?

単身であれ、家族同伴であれ、転勤後の新生活はとても寂しいものです。

ふとしたとき、強烈に孤独が襲ってくることがあります。それはなぜでしょう?

多くの場合、その理由は「情報不足」だと考えられます。

情報不足は不安感を引き起こす

人間は未来を予測し、不測の事態に対応するために情報を使います。

地域、近隣住民、とても重要な情報です。

これらの自分のナワバリに関する情報が完全ではない状態では、

何か新しいことを始めたり、

誰か新しい人と出会ったり、

そう言ったことは大変難しくなるでしょう。

この状態では何か起こった場合にどうすればいいか、確信が持てないのです。

ではどうしたらいい?

先ずは地域の文化について知りましょう。

有名なもの、場所、人、食べ物、などたくさん知ることで地域の文化を知ることができます。

文化を知ることは地域、そこに住んでいる住民を知るための近道です。

しかし、そう言った情報は往々にしてまとまっていません。

Googleで調べても役所、地方自治体のホームページがかろうじて見つかるくらいです。

検索で得た知識は往々にして忘れやすいです。

(もう一度検索すればいいので、覚える必要がないですからね。。。)

私がお勧めするのはコンテンツです!

コンテンツこそが情報収集にうってつけの方法

ここでいうコンテンツとは、小説、ドラマ、音楽、漫画、、、などなんでもいいです!

もしあなたが音楽が好きなら、その地域出身のアーティストの曲を聴いてみましょう。もしかしたら自分が好きなアーティストがその地域出身だったりするかもしれません。その地域で行われたライブ映像でもいいです。

そして、そのコンテンツが今いる地域の文化から生まれたことを意識しながら、そのコンテンツを味わってみてください。

コンテンツを消費することをなん度も繰り返すうちに、どんどんその地域に興味が湧いてきます。

一度不安が好奇心に転じれば、あとは気持ちの赴くままに行動するだけで、勝手に文化について理解が深まっていきます。

コンテンツの探し方

でもそう言ったコンテンツってどこにあるの?と思うかもしれません。その場合ウィキペディアで地域を調べ、「著名な出身者」を見てみるのが一番手軽です。

コツとしては地域をあまり狭い範囲に限定しないことです。また、ウィキペディアの他の部分は無理に読まないで大丈夫です、興味が湧いてからの方が効果的です。

ドラマ、映画等はロケ地を検索できるサイトがあり、そちらを使ってもいいでしょう。アニメも舞台になった地域を公開してくれているサイトがあります。

まとめ

いかかでしたか?あなたの好きなコンテンツはなんですか

実は、やっていることとしては、

好きなものを軸に地域に興味を持つ

というだけのことです。

転勤後はバタバタしていて、自分の趣味を忘れてしまっていることもあると思います。

不安を感じているのなら、昔の自分と同じように趣味を楽しむことで、安心していた時の自分と同化できる効果もあるでしょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

少しでも転勤後の寂しさを紛らわすお手伝いができれば幸いです!